EPISODE エピソード

- EPISODE:01 -声だけでもわかる、私がHAPPYをお届けできていること。

MOEKA
UMEDA
梅田 萌花

初めてウィッグをご購入いただくお客様からよくご相談をいただきます。
私が大切にしていることは、「お客様のお話を聞き、寄り添うこと」です。
いきなり病気になり、髪が抜け、ウィッグをかぶる生活を余儀なくされてしまった場合、とても不安だと思います。日々、その不安をいかに軽減できるかを考えています。
私が対応させていただいたお客様で、いきなりウィッグが必要になってしまったお客様がいらっしゃいました。「いきなり病気になって、、、」とその客様は自分の病気のことを話してくださいました。その後、「ウィッグはやはり不自然ですか?」「ずれますか?」「バレますか?」「風が強い日はどうすればいいですか?」などウィッグ着用時のご心配がたくさんで、とても不安そうでした。
しかし、お話の中で私自身もウィッグを着用して生活することもあるということや、今まで実践してきた、ウィッグをより自然に着用していただける方法など一つ一つお答えしていくと、最初はとても不安そうなお声だったのが、だんだんとお電話口でも変化が分かるくらい明るいお声に変化していきました。
最後にはウィッグをご注文いただき、「梅田さん、本当にありがとうね。また相談させてね」と私のお名前を覚えてくださいました!
ネットショップだと、なかなか直接お客様にお会いする機会は少ないのですが、こういったお電話一つでもお客様のお力になれたと感じることができ、「お客様にHAPPYを」お届けできたのかなと感じました。

- EPISODE:02 -必要とされているんだなと日々実感。

MIHO
SAKAI
酒井 弥穂

サロンにて接客中。様々な悩みを抱えたお客様がいらっしゃいます。
不安を抱えたまま来てくださる方もいらっしゃいますが、みなさん最後には笑顔で帰っていただけます。ウィッグのかぶり方も何を選んだらいいのかも、お手入れの仕方も未知の世界で、これからの不安がいっぱいのままご来店いただいた中、悩みや話を聞いたり、一緒にウィッグ選びをすることで、お客様の心の荷物が少し軽くなっていただければいいなと色んなお話を伺います。
ウィッグは生きていく上で必ず必要なものではないけど、なくては困るもの。だからこそ自信をもって生活していただけるよう、お手伝いできることがとても嬉しく思います。お店を帰られる時に、「本当に来てよかった!」と言っていただける瞬間が最高にHAPPYです。

- EPISODE:03 -笑顔の結婚式の写真に感動。

MIDORI
USUI
碓井 美鳥

ある日、商品の交換が使用日までに間に合いそうにないお客様がいらっしゃいました。メールでご連絡いただきましたが、結婚式の為に使いたいとのことでした。
通常は配送にお日にちのかかるDM便でのお届けでしたが、どうしても結婚式までに間に合ってほしくて上司に相談し、配送の早い宅配便に切り替えてお届けすることになりました。
無事に結婚式にも間に合い、後日、お客様からお礼のメールをいただきました!メールにはお届けできた商品を着用しているお客様の結婚式の写真が添付されていました!
人生の大事な場面で、リネアストリアの商品を使っていただけたこと、顔も見えなかったお客様から写真つきのお礼のメールをいただいたこと。ECサイトですが、お客様と繋がっていると感じました!
直接合わなくても喜んでいただけることが本当に嬉しくて仕事をする上での励みになっています!

RELATION